序~北の国からこんにちは 2008年09月
2008 081234567891011121314151617181920212223242526272829302008 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌スタイル(住みたい町No1)

2年連続で住みたい町No1なった札幌市。

実際、住んでいる私も大好きな街です。
ただ、地方経済不況の真っただ中で十分な生活環境が整っているとは言い難いのも現実。
そんな札幌に元気になってもらいたいと思います。

本日は、札幌市の運営する「札幌スタイル」の一部の紹介です。

札幌市の中心部の地下街にある市民コーナーでは常設(入れ替えは定期的にあります)で
札幌スタイル」の展示を行っています。


本日の展示はFairground Attraction(丹治久美子)の「フェルトバッグ」
P1010608.jpg


その横には、イメージに関係する展示もあります。
本日は、「もっと美しい色」・・タイルより一回り大きな正方形でいろんな色とイメージ、風景写真などが壁一面に張られています。
写真はこちら↓
P1010609.jpg

拡大↓
P1010610.jpg

市民にとっては何気なく通り過ぎることの多い地下鉄コンコースではありますが、意外と素敵な展示があったりします。

札幌にお越しの方、地味と思われますが一般のガイドブックにはないような場所で素敵な体験をしてみてはいかがですか?

市民の方も一度、ゆっくりご覧になっても損は無いですよ。


(参考)
札幌市役所HP内のオフィシャルページURL↓
http://www.city.sapporo.jp/keizai/sapporo-style/index.html
スポンサーサイト

テーマ : 北海道の様々な風景
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 コラム エッセイ 日記 散歩

時をかける少女

時をかける少女 通常版時をかける少女 通常版
(2007/04/20)
仲里依紗石田卓也

商品詳細を見る


先日、DVDで見ました。

劇場公開時にも気になっていましたが、見られなかったんで、きちんと通してみるのは、今回が初めてです。

原田知世の劇場版のイメージが色濃く残っている僕には、まったく新しい作品として楽しんで観ることができました。

タイムリープ出来るってことが大げさなことではなくて、身近な人のために次々とタイムリープを繰り返す真琴。

今どきの感性はこうだよなぁとか思って見てました。
話としては、すごく青春時代の甘酸っぱさ・じれったさみたいなものが見事に凝縮されていて大満足です。

音楽(テーマソング)がまた、映画を盛り上げてくれます。最後は涙できるし、希望がもてる内容に満足です。

幅広い世代で楽しめる作品に仕上がっていると思います。

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

tag : アニメ DVD 貞本 エヴァ 角川 映画

自分を好きになれば、人生はうまくいく ~がんばらないで成長する66のカンタンな方法~

自分を好きになれば、人生はうまくいく ~がんばらないで成長する66のカンタンな方法~自分を好きになれば、人生はうまくいく ~がんばらないで成長する66のカンタンな方法~
(2006/09/09)
本田 晃一

商品詳細を見る


著者の経験を66のトピックに分けて1冊の本に した本です。

売れるサイト(HP)をプロデュースし自身もセミ ナーを行っている著者のシンキングパターンが、
簡潔かつ実用的にまとめられた内容です。

自分軸で動くことが成功の秘訣であり、自分枠で
動くこととは「軸」で動くこととは異なっている
と書いてあります。

まったくその通りだと思います。


ポジティブ思考への転換も、自分をまず良く知る
ことが重要で、自分を良く知らずに無理にポジテ
ィブにすることは逆効果です。


著者の考え方には非常に共感の持てる本であり、
僕の考え方に非常に似た考えだったので、
「素直」にす~っとココロと頭に入りました。


成功を他の人とシェアするという結びには、僕自身にもある種、ひらめきにも似た感覚が走りました。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発 晃一

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
(2008/04/25)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る


前回シリーズをリアルタイムで見ていたので、期待と不安が入り混じりながらでしたが。

結果的には、満足のいくものでした。

映像が見事に再構築されている点とエヴァの世界
観が復元されていて完成度は今回の方が高いものになっていると思います。

全4部作というのが難点ですが、クオリティの高い
作品に仕上げてもらいたいです。

シンジの内面世界が中心の「序」という感じでした。

続作で他の登場人物との関わりが出てきた時の変化がどう描かれるのかな。

エンドロールを最後まで見ると、少しだけ続編の
映像が見られます。


続きが楽しみです。


人気ブログランキング・ブログ村・FC2ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
banner_14.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : この映画がすごい!!
ジャンル : 映画

tag : アニメ DVD 貞本 エヴァ 角川

非常識な成功法則

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06)
神田 昌典

商品詳細を見る


ずいぶん前に読んだ本ですが、僕のビジネス書読みの原点でもある本なのでレビューさせていただきます。

タイトルどおり非常識な内容です。
しかし、実績に基づいた著者の発言に違和感は感じませんでした。

この著書の内容が嫌いになる方は多いかもしれません。私は好きです。
マーケティングやセールスなど多少なりとも心得のある私は、気に入ってます。

非常識かもしれませんが、こうした実践で裏づけされた方の話には魅力があります。
既成概念にとらわれたとらわれたくない方は、読んでみたら良いと思います。

私は一気に読みました。

いまや私のバイブルです。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発 神田昌則

3つの真実

3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
(2008/05/13)
野口嘉則

商品詳細を見る


前作「鏡の法則」以来の野口嘉則さんの本。

遅ればせながら読ませていただきました。

「ミスター成功法則」と呼ばれる主人公に降り注ぐ、絶望に近い幾多の困難。

もう駄目だ!と諦めたときにある一人の老人が現れ・・・。

真に豊かに生きる為の3つ真実を伝えに・・・。

この老人と主人公との対話メインで話は進むが、はじめは成功法則に縛られ、混乱している主人公が本質的な部分の自分の感情を認められないでいる。

この老人は、ひとつひとつたとえ話を用いながら、主人公の緊張と混乱を紐といて、主人公自身が気づいていく。

そして、真の幸せと豊かさを手に入れる「3つの真実」
が明かされる

前作、「鏡の法則」も登場します。
読んだ後でココロが暖かくなる感じがありました。

最終場面では人の温かさで涙できる場面もあります。

混乱している今の国際情勢・国内情勢におかれた一人一人の幸せについて考え、感じられることが非常に有意義であると思わせていただいた一冊です。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発 野口 鏡の法則

学校の勉強だけではメシは食えない!―世界一の職人が教える「世渡り力」「仕事」「成功」の発想

学校の勉強だけではメシは食えない!―世界一の職人が教える「世渡り力」「仕事」「成功」の発想学校の勉強だけではメシは食えない!―世界一の職人が教える「世渡り力」「仕事」「成功」の発想
(2007/11/10)
岡野 雅行

商品詳細を見る


タイトル通り、学歴など関係なく生きる知恵を身につけて勝負しなさい!という著者の考えを本にしたもの。

どこにも無いものを作ることで絶対的な競争力を生んでいる著者の町工場。

知識があると先入観で何でもかんでもモデルにあてはめて考えるがゆえに独創的なものは生まれない。

かなり過激なタイトルですが、内容的には有りかと。

著者はこの本の中でこういうことも言っています。

「数字に弱い経営者なんか経営者とは言えない。」
勉強はしなかったけど経営の数字にはとことんこだわるとのこと。経営者ですもの当然ですが、大した人です。

日本のモノづくりの現場にはこういう人がたくさんいるんでしょうね。その人たちから多くを学ばないとこの国のモノづくりは外国にシフトしてしまうのではないかと危惧します。


人気ブログランキング・ブログ村・FC2ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
banner_14.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発

スカイクロラの原作者様が・・・iPhoneで・・・

こんにちは。

本日は、スカイクロラの原作者:森博嗣さんのBlogでiPhoneをめぐる記事が出ていたので紹介します。

森博嗣のBlogはこちら↓
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/index.php

iPhoneの故障をめぐるソフトバンクとAppleとのやり取りを数日にわたり書かれています。

通信キャリアだけにとどまらず、業界として新しい分類に入るのでアフターサービス等の体制がしっかりと確立されていないのは仕方ないのかと思います。

こちらのやり取りによると、著者(ユーザー)は、まずは購入したソフトバンクに相談してます。

実に筋の通った正論だと思います。

しかし、そこでは考えられないようなあいまい、かつ、ユーザー責任のような回答をもらってしまい、相談窓口の体制が確立されていないということまで考えて気長に切れなかった。

結局らちが明かないので保障対象外れるリスクを負って、製造元のAppleに相談。ものの15分で解決し、保障に関してもソフトバンクに何か言われたらこれ見せなさいの証明書まで出してもらった。

ここまでくると、販売元のソフトバンクの対応のまずさが際立ってます。

誰でも怒りの感情を覚えるのではないでしょうか?

私自身も数年前、YahooBBのADSL回線解約の際に非常に嫌な思いをしたことがあります。

新興企業・経験の無さは認めます。しかし、通信事業者の免許を交付されている以上、販売している商品に関して責任を持ち、誠意のある対応が重要なのではないでしょうか?

確かに、既存のキャリアの中でも一番勢いがあって、契約数を伸ばし続けるためには多少強引な手法も必要だと思います。

どの産業においても言えるのは、増えたお客様の満足度が下がれば確実に顧客は競合他社に流れるということ。

1点だけ、ソフトバンクに同情するならば、今回のお客様がベネチア映画祭に出典されるような映画の原作者であり、非常に世間的に有名な方であったということで少なからずネガティブな情報が市場に流れてしまったということ。

ただ、有名人だろうと一般の市民だろうと同じ顧客です。

表には出ていない悔しい思いをした一般の顧客が数多く存在するのだろうな、と想像するに易しなのは残念です。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : スカイクロラ ソフトバンク アップル

イタリア人の働き方

イタリア人の働き方 (光文社新書)イタリア人の働き方 (光文社新書)
(2004/01/17)
内田 洋子シルヴィオ・ピエールサンティ

商品詳細を見る


出版年月は4年前のものになりますが、今の日本の状態に参考になるのでは?と思い改めて読んでみました。

不安定な政権、最悪の財務状態、若者の失業率の高さなどなど、先進国に遅れて久しいイタリア。

この国には国民1人に対する事業体の数が半端じゃなく多い。

つまり、家族単位で事業体が存在するといっても過言では無く、国民一人一人が社長の国である。

では、この国の産業は後進国とみなせるのか?
そうではない。

世界的に輝きを放つブランドや企業(中小零細企業)は数多く存在する。(フェラーリ・プラダ他)

国民性からいっても確かにまじめで勤勉である日本とは対極にあると見える。

しかし、多くのイタリア人は、自己の実現のために働くのである。(日本はどうでしょう?)

結果、数多くの零細企業が誕生し、その中から世界的地位を確立する企業が誕生し続ける。

いくつかのイタリア人事業家とその会社を実例として、レポートしているのがこの本です。

共通して言えるのは、身の丈を知って、安易なスケールメリットは追求せず、成長の素となった独自の技術・サービスに特化して、他者がまねできない品質レベルをキープし続けていることと言えます。

振り返って、今の日本の置かれている状況を考えてみましょう。

確かに、世界的な技術・経済力は申し分ありません。
しかし、国民一人一人が自己実現の為に働いて充実した日常生活を送っているでしょうか?

私の感じでは、アメリカ型資本主義にどっかりと乗っかって、企業の収益性・スケールメリットの追求・人件費の抑制等々でアメリカ型ビジネスモデルでの成功が讃辞を受ける風潮があると思います。

そのしわ寄せで、国民の間で格差が生まれ、労働者は自己実現ではなく、企業の拡大の為に働いて最後は燃え尽きて(道半ばで)死んで行くのが現実ではないでしょうか?

ここで、冒頭の一文を再度、引用します。

>不安定な政権、最悪の財務状態、若者の就業率の高さなどなど、先進国に遅れて久しいイタリア。

どこかの国に似てませんか?


そう!日本です。
今の日本は、かつてのイタリアが置かれた状況に極めて似通っています。

ここに、この国が中国・インド・台湾などの新興国とのグローバルな競争に勝ち抜き、なおかつ、国民一人一人の幸福感が得られる。というヒントがあると考えられます。実際、イタリアのGDPと日本のGDPにはほとんど差が無いところまできています。

この本を読んで、イタリア的企業体の実情がよく理解でき、「漠然といい加減でお気楽なイタリア人」という俗説とは一歩違った視点でイタリア人(企業)を見ることができます。

一番、感じたことは、日本のこれからの姿を考える時に十分、参考となるべき国(ビジネスモデル)がすでに、EUの中に存在するということです。

特に、地方の中小零細企業の経営者や格差社会で苦しむ若者、将来に希望が持てなくなっている方には読んで損はない一冊で、読み終えた後に前向きな力が自然と出てくる本でした。

tag : 成功法則 読書 イタリア 社会科学

いつでも会える

いつでも会えるいつでも会える
(2007/02)
菊田 まりこ

商品詳細を見る


悲しみの中にこそ本質がある。

犬が主人公ですが人にも共通する

ものはあるのでは無いでしょうか?

人間関係に疲れたときなんかに、

生きていくうえで大事な気持ち、

思い出します。

短い絵本ですけど、得るべきものは

たくさんありました。

何回読んでも泣けちゃうんです。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 菊田まりこ 絵本 読み聞かせ

余命1ヶ月の花嫁

余命1ヶ月の花嫁余命1ヶ月の花嫁
(2007/12/13)
TBS「イブニング5」

商品詳細を見る



これはフィクションではなく本当にこの世に生きた一人の女性の記録。



生きることに本当に疲れている僕ですが、この女性の方の支えてくれた人の存在。

死期を待つのみの彼女の強い気持ち。

読んでて涙が止まりませんでした。

彼女の記録。心に刻み込まれました。


「明日が必ず来ることは奇跡」

「今何をしている?」「…生きてる」

この言葉だけでも本を読んだ価値がありました。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 花嫁 ガン 余命

社会起業家に学べ

社会起業家に学べ! (アスキー新書 69) (アスキー新書 69)社会起業家に学べ! (アスキー新書 69) (アスキー新書 69)
(2008/06/10)
今 一生

商品詳細を見る



前職を退社して、身の振り方を考えていた頃目にとまっていつか読もうと本屋を後にしたが、その後ぱったりこの本を販売している本屋が見つからず、ようやく手に入れて読みました。

この本の中には、実例が90%近い比率でそれぞれの社会起業家の起業の背景・運営・現在の姿が記されています。実際に存在する企業(団体)なので調べたら現在どうなのかは簡単にわかります。

地域・外国・性別等様々な社会起業家の理念や運営が事細かに書かれていて非常に共感が持てる理念にもたくさん出会えました。

この本に登場する社会起業家の方に共通しているのが、まず、気づきがあります。

①それに対する回答を見つけるために行動をおこすこと。
②運営に関しては継続して行動し続けること。
③複数名でアイデアを検証すること。
④告知や活動内容を社会に対し発信すること。
⑤周囲の環境(スタッフや組織)を巻き込み大きなうねりを産み出すこと。

この5点はどの方にも当てはまります。

実際、ビジネスとして成立させるためには理念だけでは成功するはずもなくあるスパイス(ひねり)を加え事業として成立させてます。

啓蒙活動だけにとどまらず、ビジネスとして社会問題に向き合う彼らの姿勢には強く共感できました。

大企業のCSRや政府ODAだけでは本当の解決には向かわないことは以前から感じてましたので余計にこの点が納得がいくものとなったと考えます。

非常に身近な部分でも、この共感という感性を軸にスキームを作成すれば自分にもできるんだ!と確信が持てました。

閉塞感のある今の日本社会で僕の世代(ロストジェネレーションなんて書かれますけど・・・)は彼らのように従来の企業像・ビジネスモデルとは違った角度からアプローチすることが今後の僕らの未来と次の世代への希望となると感じました。

言葉だけしか聴いたことの無い方にも一読いただければ、どのような活動なのかわかると思うので入門書的な使い方もできるのではないでしょうか?

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発 社会起業

札幌散策(催事)

本日は、札幌で行われたお祭りの風景をUPさせていただきます。
写真中心の日記になっちゃいました!(汗)


地域のお祭りで二条市場(札幌の中心部:観光地でもあります)周辺で行われたお祭りの風景です。

地元のミュージシャンによる演奏
P1010596.jpg


神社主催の和太鼓教室の子供たちとそれを見つめる高齢者の方々
P1010599.jpg

P1010600.jpg

*これからの未来を背負う世代に希望の持てる国を作らなければと感じたと同時に、今のこの国の有り様を作っていただいた年配者の方に感謝する感情が同時に起きて、今を生きている自分を強く感じた瞬間です。


別会場で行われていた子供向けフリーマーケット
P1010597.jpg


またまた別会場で行われていた市民手作りクラフト発表&即売会
P1010598.jpg


二条市場で新鮮な魚や野菜などを買ってその場でおいしくいただく人々
P1010595.jpg


*すごい人でした!歩行者天国になっていて車は通行止めです。

メインイベントともいえる「井上堯之」さんのステージ
P1010602.jpg

P1010605.jpg


*「井上堯之さん」についてはこちら→井上堯之

ちょっとだけ動画もあります↓





〈管理人より〉
本来、書評メインのBlogなんですが、地元である北海道の日常紹介とイベント報告させていただきました。これをきっかけに、僕のBlogや北海道について関心を持っていただければ嬉しいです!

テーマ : 北海道の様々な風景
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 コラム エッセイ 日記 散歩

悩む力

悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る

話題になっていて、悩むことに関しては人一倍続けてきた僕なんで読むことにしました。

この本を通じて登場するのが、文豪の夏目漱石と社会学者、マックス・ウェーバーの二名。

二人とも国は違えども、世紀末(18~19世紀)に生きた人間です。

著者は、現代の状況が非常に当時に似通っていることを軸として論じてます。

そして、決して現在の社会を否定するとか、原点回帰するとかという主張は一切ありません。

知という部分に関しても、表層的なもの(現代:情報化社会)と悩みぬいて身につけたもの(自己の他者・社会との関わりを通じた経験)で言葉の意味も変わっているという主張。

そして、漱石・ウェーバーは結局何も変わらないということは承知の上で悩み続けて、生きる力を引き出した。

悩むことを辞めるのではなく、悩み続けてこそ、個々それぞれの生きる力になり、結果、社会を構成していくのだという非常に前向きに思える内容でした。

「悩む」

この言葉にはどこかマイナスなイメージを持っていた僕でしたが、生きる原動力となる十分な説得力のある行為であると考えられます。

著者はこんなことも言っています。
「老いて最強たれ」

これは、現実に死というものを(長い人生で悩み続けて)受け入れた老人は怖いものはない。何でもできるのだ。という意味です。高齢者が確実に増える日本で、高齢者の方が今の閉塞感を打開するきっかけになるかもしれない。

僕は若い部類に入ります。悩むのをやめるのではなく、徹底的に悩んで自分の経験とし、社会との関係に注力することが僕の今すぐにできるアクションなのかと思います。

「悩む」にヘビーな印象を受けて読むことを躊躇されている方がいたら、そんな問題はありません!文章・テーマ自体は非常に読みやすく、ライトな感覚で読むことができますよ。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発

傷つきやすくなった世界で

傷つきやすくなった世界で (日経プレミアシリーズ 2) (日経プレミアシリーズ 2)傷つきやすくなった世界で (日経プレミアシリーズ 2) (日経プレミアシリーズ 2)
(2008/05/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


エッセイです。

ひとつひとつのエッセイが短くて読みやすい本でした。

こころが弱くなっている自分に嫌気がさし、気分転換に本屋さんで出会った本がこれ。

石田さんの感性は非常に自分に似通っているなぁと共感が持てました(あちらは一流の作家さんなんで失礼かもしれませんが・・・)

こころが疲れている現代の若い方(自分は34ですが・・・)は物事を違った見方で見られるかもしれません。

実際、僕はこの本を読み終えたときなぜか気持がすっきりしました。

お勧めです。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書 社会科学 石田衣良

札幌散策

本日は、趣向を変えて、札幌市内散歩記録などUPします。

市内でまだまだ良いところあるはず!と思いまして、無料の施設中心に回ってきました。

まずは、

札幌ファクトリー(旧サッポロビール所有地)
P1010589.jpg

写真の方は、初代総裁「植村澄三郎の方の銅像。

同敷地内に、開拓使麦酒醸造所
P1010587.jpg

*かなりビールの匂いがきつかったです!

イベントで市の開催する健康つくりフェア
P1010588.jpg

市民ボランティアの方や地域住民の方がたくさん来てました。
子供への本の読み聞かせ等のコーナーも有りました。

無料簡易健康診断にはたくさんの市民の方が並んでましたよ!


市内中心に以前からあったサブカルチャーな店がより中心部に移転。
本日、オープン!!
P1010586.jpg

こちらもたくさんのお客さんが入ってました。。
近くにアニメイトなどの競合店もひしめきあってますので、この辺は札幌のアキバになってきたのかな?
*僕にはまだまだ物足りませんけどね・・。

最後に、


ずっと大切にしまっておいたガンダムエクシア(これ!)をスタンドに立てて介入行動開始します(笑)
P1010593.jpg


テーマ : 北海道の様々な風景
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 コラム エッセイ 日記 散歩 社会科学 政治

イチロー思考

イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫
(2004/12)
児玉 光雄

商品詳細を見る


イチロー選手!8年連続200本安打達成!!

すごいと思います!僕が大好きなプロフェッショナルの一人。

スポーツの記録はもちろんですが、思考方法やモチベーションの持ち方、状況把握能力等あげたらキリがないくらい彼の思考には一貫性があるんですよね。

その思考っていうのが、数々の成功者と呼ばれるビジネスマンにも相通じるものがあるんですよ。

○阪神大震災直後に、オリックスで優勝し被災者を勇気付けたこと。
○メジャーに行って日本人打者(野手)として十分通用することを知らしめたこと。
○野球人気が陰り始めたらWBCに参加して日本チームを引っ張って世界一にしたこと。

みんなに勇気を与えてくれるスーパースター。

「あのときの僕といまの僕を比べるのはいまの僕に失礼だと思う」
イチローの言葉です。

日本の皆様、よくご存知のイチローの思考を本にしたものです。
彼ならではの哲学というものをひしひしと感じることができ、すばらしい本になっています。

発行日は何年か前に出された本で、僕は発売当時に読みました。今日、また一つ偉業達成等ことで記事にさせていただきます。

彼の思考を、自分になりにアレンジして、ものにしていくことにしてます。

ホント、これからも活躍してほしいです!!

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発

ジャーナリズム崩壊

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る


護送船団方式がいまだに残っているメディアに対する意見本。

新聞社・NHK等のマスメディアの現状を、ニューヨークタイムズ所属の著者が鋭くえぐっています。

著者にはNHKでの勤務経験もあり、政界にも身を置いたことがある経歴の持ちぬしで、リアルに生々しく既得権益をめぐる政界との癒着、日本の排他的エリート集団における取材の困難さ等が記されています。

特にこの本の中で再三語られているのは、「記者クラブ」という日本独自のシステムです。

著者は永田町からも既存メディアからも非常に嫌われた存在であることを明言していますが、恐れられるだけの存在感があり、この本一冊においても十分に力強さを感じます。

今の日本のジャーナリズムがいかに国際的に鎖国状態にあるのか等を考えさせられる内容でした。
そして、ジャーナリズムとはどうあるべきなのか?という本質的な問題について考えさせられる本です。

新聞などでは語られることの決してない内容で読みごたえも十分でした。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書 自己啓発 野口 社会科学

石田衣良の人生相談「答えはひとつじゃないけれど」

石田衣良の人生相談室「答えはひとつじゃないけれど」石田衣良の人生相談室「答えはひとつじゃないけれど」
(2008/07)
石田 衣良

商品詳細を見る
女性誌に連載されている著者の人生相談コーナーを本にしたものです。

本屋さんで何か惹かれて読んでみました。
先日読んだ本でも感じたんですが、「石田衣良」さんの文章って方の力がうまく抜けていてそれでいて今の若い人の生活背景とか政治経済のことも”さらっ”と書いてしまうところは非常に読みやすいです。内容もきちんとした持論がありますし。

この本に関してはメイン読者の層が女性(特に若い人)だから必然的に女性からの相談が90%以上。ただ、悩んでいることに性別は関係ないし、石田さん独特の回答が非常に心地よいです。

僕は男性ですが、女性ってこんなことを考えてんのねって気づくこともたくさんありました。僕のこれまでの人生で関わりのあった女性たちもきっとこんな気持ちだんたんだろうなぁなんて34歳の今だから冷静に分析できたり。

ひとつひとつの相談は非常に日常的なことばかり。ただ、回答の中には素敵な生きるヒントがたくさんありました。

日常の中にこそ本当に大切なことがあるんですね。



テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書 社会科学 石田衣良

毒になる親

本屋さんでまえがきとちょっとしたレビューだけ見て、インスピレーション感じて読んでみました。

内容的には、極めて西洋的・科学的視点から「親」という軸で心理について論じられています。

実際のカウンセリングを受けた被験者の数もケースごとに出ていますし、筆者が読者に質問を投げかけている部分も有り非常に実践的かつ能動的に読めた本でした。

心理学の特に「ココロ」という部分は、日本ではタブーとされている域が多いようにも感じます(親=神みたいな風潮ありますよ)

表面に出てくる虐待のみではなく、親による心理的・精神的コントロール等も広義で虐待と言っているあたりは気づきもたくさんありました。

事例の紹介・結果のみではなくあらゆる形での親との関係にメスが入っており、後半は、いかに「毒になる親」から離別し自分の心身の健康と自立(自己向上含む)かについて具体的に方法が書かれています。

僕の体験ではこの本の中の一部は、知らないうちにすでに実行済でした(親の件でかなり悩みつつ行動に起こしてきていた時に無意識にこちらの本で書かれている方法を実践していたんだと思います)

幅広い範囲で「親」を軸に書かれていて、それが科学的・臨床データに素いてのもので非常に説得力があります。範囲が広いにも関わらず、体系的にまとめられいるのはさすがと感じました。

自身の親との関係をどうにかしたいという思いで読み始めた本ではありましたが、様々な心理学の本(ココロ系含む)では、あまり見たことのないタイプの1冊でした。

特に親との関係に関心が無い方でも十分楽しめると思います。個人的には、実際の国内のカウンセラーの方や宗教に勧誘してなんでも解決しようする人に特に一読いただきたいと思います。(カウンセラーはともかく宗教関係は毛嫌いすると思われるタイトルですけどね)

自己の親との関わり、大人になってからの心理面を分析、整理するのに非常に参考になりました。


毒になる親―一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)毒になる親―一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)
(2001/10)
スーザン フォワード

商品詳細を見る

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書 社会科学

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る


かなりベストセラーになっているようで、関西弁のインドの象の顔で体が人間という奇抜な神様の教えというのが、インパクト大で読んでみました。

小説ですし、文章は主人公とこの神様の口語体が中心なので非常に読みやすいです。

中身は関西弁をしゃべる神様なんで、ボケたりつっこんだり、とかなり笑える場面もありました。

ただ、テーマが「夢をかなえるゾウ」なだけに自己啓発的な夢をかなえる方法を一つ一つ丁寧に書いてあります。実際の成功者と呼ばれる方々の引用もかなりの数でちりばめられており十分なビジネス書としても通用するかと思います。

すでに、世の中に出回っている成功本の内容とはかなり近い内容ではありますが、一歩踏み込んでやってみようぜ!的なメッセージを感じられます。

読みごたえは十分ですし、ユーモアも満足。
読んで損はありません。

もう一度読みたいなと思える内容と気楽さが非常に良いと思います。

FC2 Blog Ranking

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : ドラマ 成功法則 読書

はじめまして!!中野智志です。

はじめまして!

この度、ブログを始めました。中野智志です。
読んだ本や映画等のレビューや日々感じることをエッセイ的にUPしていきたいと思います。

ブログ運営はあまり慣れてはいませんが今後ともよろしくお願いいたします。

札幌駅

FC2 Blog Ranking

tag : 北海道 札幌 コラム エッセイ 日記 散歩

Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録