序~北の国からこんにちは 2008年10月12日
2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリーグCS第二ステージ進出!!北海道日本ハムファイターズ

やりました!!

北海道日本ハムファイターズ!!パリーグCS第二ステージ進出!!

まさかこんな貧打で勝つとは・・・。嬉しい誤算です!!

次は、豪快打線の埼玉西武ライオンズとの対決!!
ここまで来たら、日本シリーズ進出まで行ってしまえ!!

日ハム020010400-7 
オリク000100010-2 

北海道日本ハムファイターズ!
北海道民はみんな応援してます!!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 ファイターズ パリーグ CS

ベルマーク

最近、携帯リサイクルで古い携帯電話をショップで回収してもらった。(ケータイには再利用可能な部品が多数あるし、レアメタルの宝庫)

日々、缶についているリングプルは取っておいて、まとめて時間のある時に自動車ディーラーの受付窓口にもっていって回収してもらっている(リングプルで車いすができるそうなので)

コンビニで小銭ができたら少額ながら募金箱に入れてくる。街角の募金で立っている人にも素性がはっきりした募金団体なら募金することがある。


非常に身近でボランティア・エコに参加出来る機会が増え、私はそれは大切なことだと思う。この活動も年に一度のお祭り24時間TVのときだけ盛り上がれば良いというのではなく、継続して世間の消費活動にリンクした循環活動となるべきだとも思っている。

そこで、実際のお金ではなくても、こうした活動に貢献できることはなかっただろうか?と昔を思い返した。


あった!「ベルマークだ!!」

小学生の時、ありとあらゆる消費財の箱についてたあれだ!!
今でもついているかな?と近くにあるものを見てみたら、ついてる。

義務教育が終わったあたりから、めっきりベルマークについて意識したこと無かったな(反省)
私には、子供がいませんので気づきもしなかった。ただ、いわゆる大人になる過程で目にしたボランティアって最初にあげた現金メインのものばかり。ベルマークはいつの間にか意識から離れていったのだ。

幼いころは学校にベルマークをまとめて持って行って、回収してもらっていた。
今は、集めてもどこに持っていけばよいのだ??
(調べればすぐわかるだろう)

ただ、ベルマークに関しては、義務教育中には意識していたけど大人になってから意識があった人はそれほど多くは無いのではないだろうか?実際、自分がそうでしたし。

ベルマークなら、多少、貧しくても消費財や食品に必ずついていますから、こうした活動に参加できる非常に良いシステムだと思うのです。

図らずも今、貧困・格差等叫ばれていますが、こうした層の方だってベルマークを通じて社会貢献することが出来て、本人も「こころの豊かさ・満足感」を得られると思うのです。人間として生きていく中で、この「心の豊かさ・満足感」は何よりも代えがたい生きる力になるのではないでしょうか?

話を戻します。ベルマークの窓口はこれから調べますが、運営している団体・協賛している企業の方にお願いです。ベルマークのさらなる活用の為に、一般の消費者がどこに集めたベルマークを持っていけばよいのか?また、より身近の施設でベルマークを回収してくれる仕組みを作ってください。
もし、既存でそのような窓口があるのであれば、メディアでも良いですし小売業に協力してもらっても構いません。このベルマーク活動参加の啓蒙活動を活性化させてください。

私がベルマークに関して感じたことをここで述べ、関係者の誰かの目に留まるかも知れないので、Blogからお願いを発信させていただきました。

「ベルマーク」あなたは覚えていましたか?

テーマ : 私たちにできること
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : ベルマーク 貧困 格差

口コミ伝染病

口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム
(2001/03)
神田 昌典

商品詳細を見る


実際に読んだのは数年前ですが、非常に良い内容だったので紹介させていただきます。

『お客がお客を連れてくる実践プログラム』というサブタイトルです。

マーケティングの第一人者が書いた本で、縁のなさそうな口コミの威力。
(今では口コミ無のマーケティングは考えられないと思います)

なるほどの連発でした。個人が情報を発信できる時代ですし、可能性を強く感じる感じで、
大変興味深く読ませてもらいました。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 神田昌典 自己啓発 成功法則 読書 口コミ マーケティング

Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

中野智志

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録