序~北の国からこんにちは 2009年02月
2009 01123456789101112131415161718192021222324252627282009 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら2月、もうすぐ3月。

[北海道] ブログ村キーワード

今日で2月も終わりですね。東京ではが降ったり、全国的に寒い状態で2月は終わりそうです。
もうすぐ3月になり、また、一歩に近づきます。素敵な3月にしたいものです。


夕暮れ時の赤れんが前

(撮影場所:北海道庁前)




都会の森と夕日

(撮影場所:札幌市北2条通り)


月が変わると気分も変わりますよね。2月にやり残したことがあったら、今日のうちにやってしまって新しい月を迎えましょう!


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 写真

ジャーナリズム崩壊

[マスコミ] ブログ村キーワード

最近のマスコミ報道にどうも違和感を感じる私。敢えて、以前取り上げたこの本を再度、記事にUPします。

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る


護送船団方式がいまだに残っているメディアに対する意見本。

新聞社NHK等のマスメディアの現状を、ニューヨークタイムズ所属の著者が鋭くえぐっています。

著者にはNHKでの勤務経験もあり、政界にも身を置いたことがある経歴の持ちぬしで、リアルに生々しく既得権益をめぐる政界との癒着、日本の排他的エリート集団における取材の困難さ等が記されています。

特にこの本の中で再三語られているのは、「記者クラブ」という日本独自のシステムです。

著者は永田町からも既存メディアからも非常に嫌われた存在であることを明言していますが、恐れられるだけの存在感があり、この本一冊においても十分に力強さを感じます。

今の日本のジャーナリズムがいかに国際的に鎖国状態にあるのか等を考えさせられる内容でした。
そして、ジャーナリズムとはどうあるべきなのか?という本質的な問題について考えさせられる本です。

新聞などでは語られることの決してない内容で読みごたえも十分でした。
迷走するメディアと政治・経済の関係性のヒントがつまっているかと感じます。

*この記事は2008年9月18日にこのブログで記事にしたものを加筆・修正を加えたものです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : マスコミ 報道 NHK 上杉隆 ジャーナリズム ニュース

GT-R in NISSANギャラリー

[日産] ブログ村キーワード

このところの記事ばかり書いてきましたので、今日は札幌市内にあるNISSANギャラリーに期間限定で展示されているレーシング用「GT-R」の写真をUPします。

本物のレーシングカーは迫力がありました。


GT-Rフロント





GT-Rサイド





GT-Rリア





上からのGT-R



車離れが進んでいますが、夢のあるスーパーカーを見たら、「わくわく感」を感じることができました。


昨日の記事の流れで・・・



変わらなきゃ!」byイチロー(古っ!)

FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 札幌 NISSAN GT-R レーシング 写真

未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

[WBC] ブログ村キーワード

WBC(ワールドベースボールクラッシック)開幕直前を記念して、イチロー選手の本を紹介します。

京セラドームで行われている昨日、本日の壮行試合のテレビ中継を見ていたのですが、中継が試合途中で打ち切られて、やっぱり今のテレビは見たくないな・・・と再確認できました。。。。


未来をかえる イチロー262のNextメッセージ未来をかえる イチロー262のNextメッセージ
(2007/12/19)
「未来をかえるイチロー262のNextメ

商品詳細を見る



〇とにかく、ムダなことを、考えることですよ。
考えて、言葉にしようとしているうちに、パッとひらめく。




〇おなじ苦しむなら、考えて苦しまないといけない。
なにも考えないで、ただ苦しんでいても何も生まれない。




〇はじめから、今があったわけではありません。
状況は、すこしずつ、変えていけるものです。




〇すぐに伝えたことは、すぐに忘れられてしまうんじゃないか。
考えてもらったあと、伝えたことなら、のこるんじゃないか。





メジャーリーガー「イチロー選手」の262の言葉が、1ページに一つづつ書かれています。


*この記事は2008年10月16日にこのブログで紹介した記事に加筆・修正したものです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : WBC イチロー 侍JAPAN 野球

女の道は一本道  by田渕久美子

[篤姫] ブログ村キーワード

昨年の大河ドラマ篤姫」の脚本家、田渕久美子さんの本。

女の道は一本道女の道は一本道
(2009/01/29)
田渕 久美子

商品詳細を見る


篤姫」の脚本に取り掛かって書き終えるまでの回顧と、田渕さんのこれまでの生き方を「篤姫」を切り口に語っています。自身がであり、であり、である状況で彼女が選んだ生き方とは、最後まででいること。そのために、離婚も経験し、再婚もありました。そして、「篤姫」最終話を書き終えた後に経験する愛するの死。この部分は本人も言っていますが、ご自身の感情をストレートにドラマのキャラクターに注ぎ込んだ結果であり、多くの若い女性や従来とは違う視聴者層までを魅了した結果につながっていきます。

篤姫」の中で登場する様々なセリフも田渕さんご自身が伝えたかったり、感じたものが多く存在するそうです。

田渕さんの中で、大切にしていることは「あるがまま」であること。「わがまま」とは全く違うものです。
そして「直感」の大切さを説いています。詳しく知りたい方は本をお読みください。

彼女の生き抜こうという「女の道」と描きたかった「」この両方が視聴者の共感を呼びあれほどまでの話題作となったのは言うまでもありません。

文字数は多くなく読みやすい文体で書かれていてさらっと読めてしまいます。大河ドラマ篤姫」を見ていた方は見ていなかった方よりもいっそう楽しく読める一冊です。


「女の道は一本道にございます。さだめに背き、引き返すは恥にございます。」本書22Pより引用


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 田渕久美子 篤姫 脚本 大河ドラマ

アベンジャー型犯罪 秋葉原事件は警告する

[社会] ブログ村キーワード

岡田尊司さんの本。

アベンジャー型犯罪―秋葉原事件は警告する (文春新書)アベンジャー型犯罪―秋葉原事件は警告する (文春新書)
(2009/01)
岡田 尊司

商品詳細を見る


誰もが驚愕した秋葉原事件。その犯罪の経緯を紐解きながら、個人レベルの心理的アプローチ・社会学的な社会としてのアプローチ両方の側面で分析したです。

タイトルの「アベンジャー」とは「復讐者」という意味であり、秋葉原事件によく似た、土浦殺人事件や米国での銃乱射事件なども同じことがいえると著者は述べています。

実際に、この本では個人レベルの学校家族会社ネット等の事例を心理的に分析したのち、その心理社会全体のうねりが強く結び付いており、分けて考えられるものでは無いとはっきりと認識させられます。

米国発の金融危機社会経済の仕組みとして重要なファクターとして取り上げられ、現在の日本社会に何が起きているのかを多角的にかつ広義に知ることができます。

個人に全責任を負わせたり、企業・社会に全責任を負わせたりする論調が増えてきていると感じられる風潮に対し、立ち止まってつながりを見ていこうとする冷静な分析と、どれだけ個と社会が結びついた複雑な問題であるかをきちんとバランスよく説明されている点で大いに刺激を受けました。

アベンジャー」がどれほどまでに予測不能な犯罪を犯すのか?そして社会はどのように向き合っていくのか?精神医学心理自己愛心理サイバー心理社会学経済あらゆる面から分析したこの本は、日本社会の現状分析には非常に役に立つ一冊であり、これからの日本社会地域社会)を考えていく上でも参考になる中身の濃い良書であると言えます。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : アベンジャー 犯罪 経済 心理 秋葉原

乙女写真の時間

[写真] ブログ村キーワード

藤田一咲さんの本。

乙女写真の時間 (えい文庫 192)乙女写真の時間 (えい文庫 192)
(2009/01/10)
藤田一咲

商品詳細を見る


以前もこのブログで取り上げた写真文庫写真エッセイ

今回の本は「乙女写真の時間」。

女性に声をかけてスナップを撮影することが大の苦手という著者。自称「脱力写真家」が高知乙女を軸に「ストリートポートレート」と題して撮影した、自然な感じの乙女写真が収録されています。

いわゆるプロのモデル(タレント)の写真とは違い、脱力写真家の真骨頂といった感じで、柔らかい印象なのだけれども、インパクトのある写真です。さすがは、写真家藤田一咲さんといったところ。

藤田さんのエッセイの他に、乙女写真の仕掛け人の談話やアシスタントを務めた写真家の後日談、被写体となった乙女の感想も盛り込まれており、読みながら笑ってしまうシーンもありました。

脱力写真家藤田一咲空気感はそのままに素敵な乙女の写真をありがとうと言いたいです。

文庫本でのこのシリーズ。結構、好きですね。

著者も本書内で言っていますが恋人写真などを撮る場合の参考となる写真としても有効です。
自然体の「脱力写真家」の世界。一度、味わってみてください。おすすめです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 乙女 藤田一咲 写真 文庫 エッセイ

冬に逆戻り?

[札幌] ブログ村キーワード

全国的に冷え込みがきつくなってますね。札幌に逆戻りしたみたいです。


吹雪

(撮影場所:札幌ファクトリー周辺)

が降り積もっています。



雪の中の街灯

(撮影場所:札幌ファクトリー周辺)

街灯に照らされたの感じ伝わります?



吹雪の路地裏

(撮影場所:札幌ファクトリー周辺)

路地裏の雰囲気



が待ち遠しいですね。

FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif


テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 札幌 写真

恋は、あなたのすべてじゃない

[石田衣良] ブログ村キーワード

石田衣良さんの本。

恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)
(2008/09/09)
石田 衣良

商品詳細を見る



毎月雑誌編集部から出される女性恋愛質問に答えていたら、一冊の本になりましたという一風変わったエッセイ集です。

石田衣良さんのさらっとした中のが改めて感じられる内容でした。 女性目線からの質問に対して、目線で回答する石田さんですがそこは大人。 本質的にはにもにもいえる「恋愛」に対してもっと行動したら良いとか、失敗を繰り返して成熟していく人間性の本質や内面の磨き方が語り口調で書かれており、非常に読んでいて共感できる部分が多く感じられました。


質問は女性心理特有のものも少なくないのですが、きっちりひも解いてわかりやすく解説する語り口はさすが。私はですが、女性がこのようなアクションを起こしてきたら結構な確率で好意を抱くだろうな・・・と思わせてくれる場面もちらほら。逆にその辺を知っていながら自然とコミュニケーション出来る女が成熟した大人なんだろうとも思います。

文体も語り口調、ところどころにモノクロの風景写真が入っていることもあり読みやすいです。さらっと読めます。内容は骨太です。石田衣良さんの魅力が十分に発揮された一冊です。

文庫なのもうれしい限りです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 石田衣良 エッセイ 恋愛 文庫 女性

東京ご近所写真散歩

[写真] ブログ村キーワード

写真hanaさんの東京散歩写真集です。

東京ご近所写真散歩―hanaの (えい文庫 159)東京ご近所写真散歩―hanaの (えい文庫 159)
(2008/01/10)
hana

商品詳細を見る


タイトル通り、ご近所散歩なんで徒歩15分圏内のごくごく狭い範囲の東京写真

観光名所とか東京らしいものとかはほとんど登場しません。どこにでもありそうな風景をやわらかい・やさしい感じでシャッターを切っているそんな作品。

春・夏・秋・冬に分けて、hanaさんのやさしい自然なエッセイで彩りを深める。
途中途中にhanaさんの思い出カメラの解説が入り、カメラ好きなんだなぁと実感できます。

東京なのに東京らしくない。しかも「ご近所散歩」でこれだけ味わい深い作品を撮れるというのは、素敵だなぁと感じさせてもらった一冊です。

企画・編集が藤田一咲さんですので、空気感が近いのかも知れません。

文庫本でこれだけ充実した内容に満足です。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 写真 文庫 hana 藤田一咲 カメラ

宴のあとで・・・雪まつり会場その後

[札幌] ブログ村キーワード

60thさっぽろ雪まつり閉幕後1週間が経ちました。会場はどことなく寂しげです。
りの後の静けさがやけに身にしみてきます。


雪まつりのあと


雪像が消えた祭りのあとの静けさ




宴のあと


雪まつり終了後の大通公園


静かな日常に戻りました。が来るまでもう少しの時間を楽しみましょう。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 雪まつり 写真 大通公園

イスラエル・エルサレム賞受賞!(村上春樹)

[村上春樹] ブログ村キーワード

村上春樹さんがイスラエルエルサレム賞を受賞し、現地時間15日に授賞式に参加しました。

報道記事はこちら→エルサレム賞

村上春樹さんの決断とその勇気には、大いに賛同します。賛否両論ある情勢ですが、コエを出すことの重要性と日本人が出来る国際平和への発信の可能性を大いに感じさせてくれた出来事でした。

昨日、村上龍さんの本を紹介したこともありますので、本日は、昨年のクリスマスにUPした記事に加筆して記事とさせていただきます。

MURAKAMI

MURAKAMI―龍と春樹の時代 (幻冬舎新書)MURAKAMI―龍と春樹の時代 (幻冬舎新書)
(2008/09)
清水 良典

商品詳細を見る


日本を代表する二人の作家村上龍村上春樹作品を時系列に振り返り、また、二人の作品を比較しながら日本社会の変遷を振り返る一冊です。

個人的には、村上春樹さんの作品の方が好きなのですが、同時代に同年代で同姓。

運命的な二人の作家が生きてきた時代と作品が産まれた時代背景・社会について非常に深く掘り下げて語られており、作品が書かれた時代背景から日本国内の世相をひも解いている点でわかりやすく、かつ、本質を論じていると感じました。

本書の中で、村上龍村上春樹の両者の著書からの引用がふんだんに盛り込まれており、二人の作風の違い・空気感が伝わってきます。

本書を通読して感じたのは、共通点があまり無いと感じていたこの二人の作品には、全く異なるアプローチの仕方で同じテーマを表現しているというくだりにハッと気づきがもらえました。

読み応えのある良書であると確信します。


この記事は、2008年12月24日のこのサイト記事に加筆・修正したものです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 村上春樹 村上龍 イスラエル エルサレム賞

カンブリア宮殿 村上龍vs経済人 社長の金言

[経済] ブログ村キーワード

カンブリア宮殿 村上龍vs経済人 社長金言

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)
(2009/02)
村上 龍

商品詳細を見る


テレビ東京で毎週放送されている番組「カンブリア宮殿」に登場した社長と、村上龍さんとの間で出てきた金言を集めて一冊のにしたもの。

この本の冒頭で、村上龍さん自身が、「金言だけをメモしてもあまり意味は無い。その金言が生まれるために費やした時間時間と、ミもフタもない努力を追体験する必要がある。そしてその追体験は決して心地よいものではない。」とはっきり言っています。

また、安易に「金言」が求められる社会風潮と現在のマスメディアのリンクに警鐘を鳴らしています。

本のタイトルは「金言」となっていますが、村上氏いわく「番組収録時の抄録」という位置づけで編集されています。

これを踏まえた上で、番組に登場した名だたる企業の社長68人とのやり取りは非常に説得力があり、それぞれの立場の違いもはっきりと見出すことができます。

どの社長も世間的な苦労は十分積んで今があるわけですが、社長はみなさん持論に基づく「行動」に無我夢中で苦労とは感じていない様子ですし、総じて皆さん前向きです。

一人一人のパートが3~4ページ程度でまとめられ、数多くの社長追体験には持ってこいです。

文庫本というのも嬉しいです。読んだ後元気になれる一冊でした。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : カンブリア宮殿 社長 金言 村上龍

お茶と写真の時間

[写真] ブログ村キーワード

藤田一咲さんの本。

お茶と写真の時間 (〓@53B2@文庫)お茶と写真の時間 (〓@53B2@文庫)
(2004/05)
藤田 一咲

商品詳細を見る


文庫本ですが、写真藤田一咲さんの作品とエッセイが楽しめます。

お茶を飲みながらゆっくり過ごすことが大好きという藤田さんの写真への愛情が文脈から感じ取ることと、旅行であったり、カメラの機材だったり、だったり、恋人写真だったりと様々な写真作品を見ることができます。

写真は楽しんで撮るものという考え方や、自身の感じ方が一番大切なので技術とかテクニックは二の次で良いものとする著者の姿勢に共感しました。

何故、お茶なのか?のエピソードも興味深く読めました。

本書の中に出てくるカメラはすべてフィルムカメラですが、著者自身はデジタルを拒んでいるわけでは無く写真を撮る楽しみはデジタルでもフィルムでも関係無いとも言っています。

写真文体から自然体で生きている藤田さんのことが好きになりました。
写真好きの方はもちろんのこと、スローな生活に興味があるかにもお勧めの一冊です。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 写真 お茶 藤田一咲 カメラ フィルム

ブログ開設5か月!

[ブログ] ブログ村キーワード

5か月

本日、2月14日でこのブログ開設から5か月経ちました!

ここまで続けてこれたのは、これまでたくさんの訪問をいただきました皆さんのおかげです。
ありがとうございます!

初めてこちらのブログに訪問いただいた方、訪問ありがとうございます!



動画は以前こちらのブログでも紹介した「社会起業家に学べ! 著者:今一生」のPPVです。



関心を持たれた方は、こちらの記事も参考にしてください。


これからも「北の国からこんにちは」をよろしくお願いいたします。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : ブログ 開設 5か月 訪問 バレンタイン

運河の街小樽

[小樽] ブログ村キーワード

いつも札幌写真ばかり載せてきたので、本日は、昨年末に訪れた「小樽」の写真をお送りします。
札幌とはまた違った異国情緒あふれる街並みが素敵です。


水面に映る倉庫


ご存じ小樽運河



レンガ通り喫茶店


運河沿いの喫茶店



寿司屋通り


その名の通り寿司屋さんが軒を並べています。



水天宮と日本海


外人坂を登り切ったらこの風景!



FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 小樽 写真 日本海 運河

サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア

[メディア] ブログ村キーワード

サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア

サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア (ソフトバンク新書)サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア (ソフトバンク新書)
(2007/07/18)
歌川 令三湯川 鶴章

商品詳細を見る



新旧世代のメディアの担い手5名の共著。

既存のマスメディアジャーナリズムに対して、ブログや市民記者などの新興市場におけるジャーナリズムを「サイバージャーナリズム」と定義しています。

冒頭でマスメディア出身(元毎日新聞)の歌川令三さんが新聞と電子メディアの関係について語られ、新聞は斜陽産業となるのか?電子新聞の正体は?米国における新聞電子化の動きなどが語られます。

その後、他の四人の著者がそれぞれの得意分野の立場から各章をまとめていき、最終章で歌川令三さんがまとめていくという流れ。著者の担当と各章見出しは目次より引用。


歌川令三さん:新聞ビジネス崩壊の予兆
         :「ネット」はいいこと尽くめではない
          :「知」の共同体とジャーナリズムの「それから」



四人の他の著者と担当は、



湯川鶴章さん(時事通信編集委員):「プロの記事」はブログより価値があるか?
                        :メディアとはコミュニティーである


佐々木俊尚さん(ジャーナリスト):テレビ局をめぐる大いなる幻想


森健さん(ジャーナリスト):グーグルにあらずんば情報にあらず
                 :ウェブがもたらす「偏向」と「格差」



スポンタ中村さん(個人ブロガー):誰もがジャーナリストになれる?



それぞれのジャンルで分析を行い持論を展開しています。どのテーマにおいても現在の「サイバージャーナリズム」は過渡期であり最終形にまで至っておらず、プラス面マイナス面の両方の側面を捉えて論じられており、本としてバランスが良いつくりになっているかと思います。

今、起こっている「サイバージャーナリズム」の世界。従来型の「マス・メデイア」の世界の変化を知るのには十分な内容であり、この本で書かれているネットリテラシーに関しても勉強になる一冊でした。

それほど固い論調では無く、読みやすく工夫された文章なので「ネット社会」「マス・メディア」どちらかに少しでも関心のある方には読んで損は無いと思います。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ネット ジャーナリズム サイバージャーナリズム 新聞 メディア

いよいよ本日最終日!60thさっぽろ雪まつり

[札幌] ブログ村キーワード

60thさっぽろ雪まつり」いよいよ本日最終日となりました。
開催時期に合わせて本日も雪まつり写真をお送りします。


エレクトーンと氷像


氷像とエレクトーンの共演♪




夜へ


夜へのいざない。




雪灯り


一人一人の願いをこめて・・・




ここからは、マリアさんのリクエストにお応えして、昨日紹介した国際雪像コンクールの各国完成写真です。製作途中の写真が昨日の記事にUPされているので比べてみると面白いかも知れません。


アメリカ完成!




フィンランド完成!




ニュージーランド完成!




タイ・優勝!


タイの皆さん!おめでとうございます!




最後に・・・


ブルーフィッシュ




今年は雪像はもちろんなのですが、氷像にも魅力的なものが多かったと感じました。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 雪まつり コンクール

いよいよ明日まで!60thさっぽろ雪まつり

[札幌] ブログ村キーワード

またかと思われるかと思いますが、本日も「60thさっぽろ雪まつり」の写真をお送りします。
雪まつり開催期間も明日までなんで・・・・)


北の動物家族


定番の大雪像です。



会場内では国際雪像コンクールも行われました。こちら各国の準備風景です。


アメリカ


みんな楽しげです。


フィンランド


団結力が感じられます。


ニュージーランド


ひときわ目立つ看板でした。に慣れていないから大変かも。。。



タイ


こちらも慣れていない雪に悪戦苦闘していました。




なんだか楽しげな氷像


なんだか楽しげに見えたのは私だけかな?(苦笑)


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 雪まつり コンクール

60thさっぽろ雪まつり 同時開催 すすきの氷の祭典

[札幌] ブログ村キーワード

さっぽろ雪まつり」と同期間に夜の歓楽街で有名な「すすきの」では「氷の祭典」が行われています。


氷の祭典:時計台


札幌と言えば・・・時計台




海の仲間


大雪でした・・・・。




氷の龍宮城


なんだか・・・おいしそうです・・・。



氷のバー



寒くてゆっくり飲めないですね・・・。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 札幌 北海道 雪まつり すすきの 氷の祭典

60thさっぽろ雪まつり

[札幌] ブログ村キーワード

先日開幕した「さっぽろ雪まつり」。
今日は、大雪像とは違った切り口の真をお送りします。



ミニSL






ミニSL・・意外と早い・・




は・はやい!




ミニSLたくさん乗ってます




大人も子どもも大喜び!






雪の中の屋台



寒いから暖かいものが欲しくなります・・・





そりと親子




FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

続きを読む

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 札幌 北海道 雪まつり SL

東京ベクトル 豊里友行写真集

[沖縄] ブログ村キーワード

沖縄在住の俳人・フォトグラファー豊里友行さんの写真集


沖縄書房


1990年代後半に東京新聞配達をしながら写真撮影を勉強した豊里さんの初の写真集です。
モノクロ写真で、東京の人・空間がダイナミックな構図で撮影されています。

東京という街の住んでいる人々の顔・空気、凄まじいまでのエネルギーを感じ取れます。

当時20代だった豊里さんが見た東京沖縄が見た東京
撮影者の瑞々しい感性情熱を感じ取ることができる一冊でした。


豊里友行さんについてはこちらから知ることができます。本の購入や問い合わせに関してもこちらで受付になります。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 沖縄 東京 ベクトル 豊里友行 沖縄書房

60th雪まつり開幕!

[札幌] ブログ村キーワード

2月5日より第60回さっぽろ雪まつりが始まりました。開催記念で雪まつり会場の写真をUPします。
期間中に不定期ですが、雪まつり関連写真をUPする予定です。


ディズニー

(撮影場所:札幌大通公園雪まつり会場)

定番の大雪像です。



南大門

(撮影場所:札幌大通公園雪まつり会場)

本家(韓国)の南大門より一足早くで再現!



街角カメラマン

(撮影場所:札幌大通公園雪まつり会場)


シャッターチャンスを狙っています。。



ハネムーン?

(撮影場所:札幌大通公園雪まつり会場)


なんと幸せそうな・・・・。アジアからの訪問で今日一番の幸福感を感じさせてもらいました♪


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 雪まつり 札幌 南大門 北海道

情報革命バブルの崩壊

[情報] ブログ村キーワード

情報革命バブル崩壊 山本一郎さんの本
情報革命バブルの崩壊 (文春新書)情報革命バブルの崩壊 (文春新書)
(2008/11)
山本 一郎

商品詳細を見る


かなりとんがった内容です。無料でいろいろなサービスを受けられるネット社会の構造を、やや冷めた批判的な論調で語られます。

既存の新聞メディアとネットポータルの関係性・ネット社会の特徴・ライブドア事件の意味・ソフトバンクの行く末などについて、広告ビジネス・通信インフラ・投資マネーの視点から辛口に分析され、タイトルの「情報革命バブルの崩壊」と結論づけされます。

最終章では、リーマン破たんによるマネーの影響でIT産業そのものの成長をきちんと見極める局面に入ったと言われており、実体経済に近づく為のケーススタディ本としても使えます。

たまには、このような辛口の論調も中々面白かったです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 山本一郎 情報 IT バブル 経済 広告

試された大地・・・それから・・・【北海道】

[北海道] ブログ村キーワード

先日の「丸井今井」民事再生適用に続き、今日は、西武百貨店札幌店・旭川店閉鎖というニュースが新聞紙上をにぎわしているどん底感まっしぐらの北海道経済。

その他にも老舗の上場企業は破綻し、外気は氷点下。心底冷えるとはこのことを言うのかと思う程です。嘆きの記事は、マスコミに任せて私の感じるところを書かせてもらいます。

そもそも北海道経済は、拓銀ショックから脱却できてないままごまかしごまかし現在に至ると強く感じます。実際に、私も道外で暮らした時期も長く、北海道に戻ってきて確信を持ってそう考えました。

そこに、今回の金融恐慌拓銀ショック以来、多くの道内産業は道外企業の誘致、または道外資本の注入により再生を図ってきたといえよう。実際に、若い働き手の多くは道外流出し、地元志向の強い北海道の若者の多くはUターンしようにも働き口は限られる状態です。

農業漁業は、古い体質のままの体裁で国内の1次産業苦境同様で言うまでもない。工業・サービス業での経済拡大を狙った道外企業・マネーの誘致だったのだろうと考えます。しかし、世界レベルでの不況の波がやってきたとなれば、これまで実感のない好景気を享受していた多くの企業は、効率主義最優先であり、採算の合わない北海道地域から真っ先に撤退するのは至極当然のように感じます。


話を今回の商業施設撤退に戻します。これらの店舗撤退により、札幌の都心は空洞化・地方店舗は閉鎖ということはマスコミの報道で耳にタコができるくらいに周知の事実でしょう。地方都市の高齢者にとっては死活問題です。この部分の分析はジャーナリズムにお任せします。


問題は道民のココロです。

「丸井今井」は「丸井さん」と道民から愛された老舗であったという報道は多いですし実際にそうだったと思います。ただ、民事再生の報道が出てからの皆さんの「残念です・・・」の声が非常に目立ちます。私には、ここの部分に違和感が生じました。

確かに、皆が愛した老舗でしたが、消費も低迷。資本参加してくれたのが道外の企業ということで経営のかじ取りも非常に困難を極めたでしょう。でも、道民の皆さんは知っていたはずです。この状況を。

老舗のお客様の声に、「地場の商品が減って不便だ!」とか「駅前の大丸さんのここがすごく良い!だからお宅も負けずに頑張って!」のような声を出したことのある方は少ないように思えるのです。
「声なき声」が客足を遠のかせ、新しい施設に飛びついて老舗から離れた地域住民にも責任はあると確信します。

無論、私も北海道を愛しています。道民の誰もがこの気持ちに近いものを持っていると思います。
だからこそ、「声なき声」を「コエ」にして地域を再生するきっかけにして欲しいのです。




歴史から見ても北海道開拓した当時の先人は、「何も無い!」(本当に自然しかない)状況から今日の北海道を築きました。動物に襲われたり、寒さで凍死したり生死の狭間でです。しかも、先住民族のアイヌの方との戦い、そして調和。並大抵の苦労ではなかった。なぜそれが出来たのか?
何も無いところを切り開き、新たな大地に希望を持っていたからでしょう。ここの部分はアメリカに似たものがあります。

「誰かがやってくれる。道内にはお金が無い。行政が悪い。人が育たない。」いくらでも出来ない理由は見つかるでしょう。これらの意識で、もし再生することができてもそれは、今回のようなことの布石になるわけです。

混迷を極める時代。こんな今だからこそ道民一人一人の「コエ」を表明してまず、出来るところから行動をして行ってほしいと思います。無くすものはすべて無くした!と言っても過言では無いでしょう?

賛否両論あるでしょうが、これは、私(北海道民の一人)の一つのアクションです。


明日から60周年の「さっぽろ雪まつり」が開催されます。多くの外国人が訪れますが、札幌に訪れた外国人観光客に聞いた北海道の良いところのTOP3に「」が入っています。言葉は通じなくても「ココロ」が伝わっている証拠なのです。そのような人の集団である北海道民。必ず乗り越えられる!その先にこそ「ニューフロンティア」は存在するのだから。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 北海道 丸井今井 行動 金融不安 ニューフロンティア 開拓

節分ですね・・・記事内容は全く無関係です・・・・

[札幌] ブログ村キーワード

本日も写真です。雪まつり前のこの時期は一年で最も寒くなる札幌
札幌中心部のの一コマです。


飛翔!?

(撮影場所:北海道庁赤レンガ前)



寒いね~。。。

(撮影場所:北海道庁赤レンガ前




白い月

(撮影場所:北海道庁赤レンガ前



今、このトキを忘れない



FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌 赤レンガ

もうすぐ還暦!?雪まつり!・・・なんだけど

[北海道] ブログ村キーワード

もうすぐ札幌雪まつりが開催される札幌今年は60周年(還暦!)の節目の年の開催となります。

札幌に観光に来られる方が増えると良いなぁと思っていますが、せっかくの北海道札幌のはずれに「北海道開拓の村」という開拓歴史をテーマにした施設があります。ここでは北海道歴史的建造物や当時の人々の暮らしが感じられます。旅のついでにいかがですか?


夕焼けのむら

撮影場所:北海道開拓の村


北海道内の方もまだ行かれていなければ、一見の価値はあるかと思います。郷土歴史を振り返り先人を感じる。何だかわくわくするのは私だけかな(苦笑)


夕焼けの旧札幌駅

撮影場所:北海道開拓の村


言葉

ことばのちから
撮影場所:北海道開拓の村


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 雪まつり 札幌 歴史 開拓 写真

戦略PR

[広告] ブログ村キーワード

戦略PRプランナー、本田哲也さんの本。

戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94) (アスキー新書) (アスキー新書)戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94) (アスキー新書) (アスキー新書)
(2009/01/13)
本田 哲也

商品詳細を見る


以前、このブログで紹介した「明日の広告」の続編的な位置づけであるが、著者も異なり、独立した内容。合わせて読めばさらに面白い

このでは、広告の有り様をメディアから分析するのみではなく、「PR」というキーワードで、従来の「広告」とは区別している。手法自体「PR」と「広告」では似て非なるものであり、二つの相乗効果によって大きな成果を出すことができると書かれている。

PR」とは、3つのコトバであらわされ「おおやけ」「ばったり」「おすみつき」を満たすように戦略的にメディアを利用して「空気」を作り出すことである。この「空気」を著者は、「カジュアル世論」と表している。

実例として、「永谷園」の生姜キャンペーンや、ピロリ菌LG21のケース、オバマ大統領選挙対策、その他の事例もあるが実際に様々なケースでこの「戦略PR」が活躍したことに触れられている。

戦略PR」をもとに、消費者を「買いたい気分」にさせ、「広告」で購入を促すといったシステマティックな方法論である。非常に納得のいく内容で今後、日本でも「PR」の重要性はより大きなものとなるわくわく感を抱かせてくれる内容。

巻末に、「明日の広告」著者の佐藤尚之さんとの対談も掲載されており非常に興味深く読ませてもらった。言い回しに若干、回りくどい感じはしたが、充実した内容で満足のいく一冊。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 広告 PR メディア オバマ 本田哲也

Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録