序~北の国からこんにちは 悩む力
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩む力

悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る

話題になっていて、悩むことに関しては人一倍続けてきた僕なんで読むことにしました。

この本を通じて登場するのが、文豪の夏目漱石と社会学者、マックス・ウェーバーの二名。

二人とも国は違えども、世紀末(18~19世紀)に生きた人間です。

著者は、現代の状況が非常に当時に似通っていることを軸として論じてます。

そして、決して現在の社会を否定するとか、原点回帰するとかという主張は一切ありません。

知という部分に関しても、表層的なもの(現代:情報化社会)と悩みぬいて身につけたもの(自己の他者・社会との関わりを通じた経験)で言葉の意味も変わっているという主張。

そして、漱石・ウェーバーは結局何も変わらないということは承知の上で悩み続けて、生きる力を引き出した。

悩むことを辞めるのではなく、悩み続けてこそ、個々それぞれの生きる力になり、結果、社会を構成していくのだという非常に前向きに思える内容でした。

「悩む」

この言葉にはどこかマイナスなイメージを持っていた僕でしたが、生きる原動力となる十分な説得力のある行為であると考えられます。

著者はこんなことも言っています。
「老いて最強たれ」

これは、現実に死というものを(長い人生で悩み続けて)受け入れた老人は怖いものはない。何でもできるのだ。という意味です。高齢者が確実に増える日本で、高齢者の方が今の閉塞感を打開するきっかけになるかもしれない。

僕は若い部類に入ります。悩むのをやめるのではなく、徹底的に悩んで自分の経験とし、社会との関係に注力することが僕の今すぐにできるアクションなのかと思います。

「悩む」にヘビーな印象を受けて読むことを躊躇されている方がいたら、そんな問題はありません!文章・テーマ自体は非常に読みやすく、ライトな感覚で読むことができますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 成功法則 読書 自己啓発

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

中野智志

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録