序~北の国からこんにちは MURAKAMI 龍と春樹の時代
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MURAKAMI 龍と春樹の時代

[村上春樹] ブログ村キーワード

MURAKAMI

MURAKAMI―龍と春樹の時代 (幻冬舎新書)MURAKAMI―龍と春樹の時代 (幻冬舎新書)
(2008/09)
清水 良典

商品詳細を見る


日本を代表する二人の作家村上龍村上春樹作品を時系列に振り返り、また、二人の作品を比較しながら日本社会の変遷を振り返る一冊です。

個人的には、村上春樹さんの作品の方が好きなのですが、同時代に同年代で同姓。

運命的な二人の作家が生きてきた時代と作品が産まれた時代背景・社会について非常に深く掘り下げて語られており、作品が書かれた時代背景から日本国内の世相をひも解いている点でわかりやすく、かつ、本質を論じていると感じました。

本書の中で、村上龍村上春樹の両者の著書からの引用がふんだんに盛り込まれており、二人の作風の違い・空気感が伝わってきます。

本書を通読して感じたのは、共通点があまり無いと感じていたこの二人の作品には、全く異なるアプローチの仕方で同じテーマを表現しているというくだりにハッと気づきがもらえました。

読み応えのある良書であると確信します。


FC2ブログランキング・ブログ村に参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 村上春樹 村上龍 社会 日本 作家

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中野さん こんにちは~!

わぁ~~面白い視点ですね!
実は、このお二人とも あまり読まないのですが
この本は 手に取りたくなりました。。。
(*´▽`*)ニコッ

マリアさん

いつもありがとうございます。

面白い視点ですよね。読んでみたらさらに面白い!
是非読んでみてください。

No title

あぁ、これは、面白そうな本ですね。

ハルキさんと龍さんは、いつも、ごっちゃに
なってしまうのですけど(^^ゞ

つまり、殆ど読んでないからなんですが(苦笑)


花あゆさん

いつもありがとうございます。

村上氏(2名)の二人の観点からアプローチする社会。非常に面白い本でしたよ。
是非読んでみてください。
Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

中野智志

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録