序~北の国からこんにちは ジャーナリズム崩壊
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリズム崩壊

[マスコミ] ブログ村キーワード

最近のマスコミ報道にどうも違和感を感じる私。敢えて、以前取り上げたこの本を再度、記事にUPします。

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る


護送船団方式がいまだに残っているメディアに対する意見本。

新聞社NHK等のマスメディアの現状を、ニューヨークタイムズ所属の著者が鋭くえぐっています。

著者にはNHKでの勤務経験もあり、政界にも身を置いたことがある経歴の持ちぬしで、リアルに生々しく既得権益をめぐる政界との癒着、日本の排他的エリート集団における取材の困難さ等が記されています。

特にこの本の中で再三語られているのは、「記者クラブ」という日本独自のシステムです。

著者は永田町からも既存メディアからも非常に嫌われた存在であることを明言していますが、恐れられるだけの存在感があり、この本一冊においても十分に力強さを感じます。

今の日本のジャーナリズムがいかに国際的に鎖国状態にあるのか等を考えさせられる内容でした。
そして、ジャーナリズムとはどうあるべきなのか?という本質的な問題について考えさせられる本です。

新聞などでは語られることの決してない内容で読みごたえも十分でした。
迷走するメディアと政治・経済の関係性のヒントがつまっているかと感じます。

*この記事は2008年9月18日にこのブログで記事にしたものを加筆・修正を加えたものです。


FC2ブログランキング・ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ banner_14.gif
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : マスコミ 報道 NHK 上杉隆 ジャーナリズム ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

中野智志

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録