序~北の国からこんにちは 宇津木魂~女子ソフトはなぜ金メダルを獲れたのか
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇津木魂~女子ソフトはなぜ金メダルを獲れたのか

[金メダル] ブログ村キーワード

宇津木魂 女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか (文春新書 666)宇津木魂 女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか (文春新書 666)
(2008/10/16)
宇津木 妙子

商品詳細を見る



北京オリンピックで日本国民みんなに大きな感動を与えてくれた「女子ソフトボール日本代表」

今も日本のエース、上野由岐子が所属するルネサス高崎の総監督として、有名な「宇津木妙子」さんの本。

シドニー・アテネオリンピックでは、監督として日本代表を率いて素晴らしい実績を残した著者であるが、現役監督時に、「金メダル」は獲れなかった。そして、北京オリンピックの優勝時にテレビの解説者として歴史的瞬間に立ち会ったことでも記憶に新しいところ。

本書では、シドニー・アテネオリンピックでの女子ソフトボールチームの裏話やのちに北京での金メダルにつながる数々のエピソードが書かれていて、この監督がいたからこそ今の「女子ソフトボール」があるのだな!と納得できます。

本書の中には、宇津木元監督自身の選手時代の半生。史上はじめての女性代表監督を引き受けた当時の苦しかったエピソードなども書かれていて、この人の元ならついていきたいと思わせてくれる説得力があります。
スポーツを通じての本にはなりますが、この著者には、時に厳しく映る「努力・根性」には非常に大事なこともあるのだと説得力のあるのみならず、選手を一人一人大切に思い、組織として一つの戦う集団を作り上げる強いリーダーシップを感じます。

この強いリーダーシップは、何よりも自分が率先して行動を起こし、選手に信頼され、監督として選手を心から信頼するというところに集約されると感じました。

このような指導者の方が日本国内にいるというのは大変、勇気づけられます。

このブログでいくつもの本を紹介させていただいていますが、特に感じるのが「女性」の本に勢いがあるということです。ビジネス書を読むケースが多いので男性著者の本が圧倒的に多いのですが、「これは!」とおもえる本に出会うと女性であるケースが多いです。

ビジネス社会はまだまだ男性社会といっても過言ではないと思います。その厳しい環境の中で実績を積み上げる女性の言葉に説得力があるのは自然なことかもしれませんね。

こうした女性たちに共通して言えるのは、自分の立ち位置・社会状況・女性としての立ち居振る舞いを熟知した上で行動を起こされているということです。このような女性の力と従来から持っている男性社会のノウハウを活かして新たな国・時代を作り上げることこそが、明るい未来への布石となると考えます。

FC2ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 女性 女子ソフトボール 監督 金メダル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の身の回りを見ても、優秀で元気な女性が多いことは確かです。
もう、ここ十年以上、こういった傾向は続いています。
肉体的な力以外では、本来、女性の方が男性よりも優れた性なのではないかと、思ったりもします。
応援させて頂きました。

コメントありがとうございます。

西森憲司さん

コメントありがとうございます。
私も学生時代から、総じて女子学生の方が優秀な学生が多いなぁとは思っていました。

女性の力は偉大だと思います。そもそも男だから・女だからとステレオタイプに分けること自体、ビジネスシーンではナンセンスですよね。優秀な人は性別に関係なく存在するわけですし。男性にバランスが偏ったシステムのままでは明るい未来が見えないとさえ感じます。

応援ありがとうございます!

読んでみたいです!^^

中野さん ただいまです~!^^
留守中も 嬉しいコメントを、沢山 有難うございました~!(*´▽`*)ニコッ

この本 読んでみます~!
女子ソフトボール ず^~っと応援していましたから。。。
今回 金メダルとった瞬間には 思わす涙してしまいました。。
いいご本の紹介 ありがとうございます
。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・

是非読んでみてください!

マリアさん

おかえりなさい!

オリンピックは感動しましたよね♪
その舞台裏とでもいいますか、現場で女子ソフトボール会を引っ張ってきた著者の話なんで読み応え有りますよ。こういうリーダーの下でプレー出来た選手たちは、純粋に感動していたと思います。だから、我々にも彼女たちの成し遂げた偉業が素直に受け入れられたのではないかと、勝手に思っています(笑)
Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

中野智志

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録