序~北の国からこんにちは 「残業ゼロ」の仕事力
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「残業ゼロ」の仕事力

[残業] ブログ村キーワード

トリンプ・インターナショナル日本法人社長である吉越さんの本。

「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力
(2007/12/22)
吉越 浩一郎

商品詳細を見る


本人の長い時間をかけた実績と信念が体験できる本です。

著者の持論である「残業ゼロ」。

これは、十年以上かけて取り組んだ結果可能となったもので、すぐに成果が出るものではないと言っています。

著者の素晴らしいところは、徹底してこの課題を解決する強い意志をトップとして貫き、ロジカル思考で浸透させてきたところにあると思います。
いわゆる老舗企業が「残業ゼロ」に取り組むきっかけというのは、多くの場合、過労死の問題であるとか労働基準法遵守であるとかがきっかけとなっています。

著者の場合は全く、異なる発想です。残業時間が多ければそれだけホワイトカラーの生産性が落ち、会社としてスピーディに決断を下して競争に勝ち抜くという成果が得られないというもの。次に来るのは社員の健康・仕事のモチベーション低下・パフォーマンスの低下を引き起こし、企業は競争力を保てないという理論です。

日本にはびこる「残業ありき」の思想そのものを根本的にひっくり返す考え方です。著者は、長い時間をかけながら、「残業」は悪であることを社員に認識させ、個々の社員の仕事の効率化(スピード・生産性)を実現し、企業としての黒字計上を実現しているところにこの本の説得力があります。

仕事にはすべて「デッドライン」(締切)を設け、組織として問題を顕在化し情報を共有することを徹底して行っています。

企業のトップとして経営責任がありますから、利益を上げることは最大の使命であり、それに対して、従来の考え方とは一線を画して、働き方自体を変えてしまい同時に目的を達成する筋肉質の組織を作るといった経営者として非常に優秀であることに異論は無いと思います。

社会全体として、「女性の就業」「ワークライフバランス」「少子化」にもメリットが十分にあることも書かれています。

残業」は悪である。

ここまで徹底して組織を導く、強いリーダーシップ決断、そのロジカル思考には本当に感心させられます。

既存の価値観に縛られる企業トップが多い中、変化を促し行動に責任を持つ。このような方の存在が、誇りに思えますし、真のリーダーシップをもった経営者であると考えます。

FC2ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 吉越浩一郎 残業 本生 トリンプ ロジカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕事は経営コンサルタント、研修の講師をやっているにもかかわらず、実はあまりビジネス書は読みません。
ただ、この本にはとても興味を感じました。是非、読んでみようと思います。
何故なら、私自身は残業がないことが良いことだとは思っていないからです。もちろん、残業が多いことを良いと考えている訳でもありません。
同じ能力を持っているのであれば、長く働いた方が勝つだろうと、単純に思っています。ただ、多くの企業における社員の働き方には疑問を感じます。もっと早く出来るだろうと思われる仕事を、遅くやっているだけというケースを散見するからです。
そう考えると、「残業は悪である」といった位で、組織を引張った方が、日本ではいいのかもしれません。
ともかく、読んでみます。

なるほど。。。

中野さん こんばんは。。。

こういうポリシーのもと 企業を引っ張っていらっしゃる方も
いるのですね。。。
初めて知りました。。。
私は、残業をどう捉えるか。。。という問題は
何の経験もないので 語れませんが、ドイツの友人達と
話していたときに、長時間残業は 『考えられない』と
絶句していたのを 思い出しました。。。

西森憲司さん

コメントありがとうございます。

私も読む前に、西森さんと同様、残業を「悪」とは考えていませんでしたし、読み終えた今もそれは変わらないです。

関心を持っていただいた「社員の働き方」ですよね。まさに。

この部分は、著者の数十年の段階を経て残業0にしたプロセスの件があるのですが、参考になるかと思います。

ぜひ読んでみてください!

マリアさん

こんばんは♪

いつも訪問ありがとうございます。
極端な例ですけど、このような経営者がいたんですよ。

本書の中にも、ドイツ人出てきます。マリアさんの友人の方の感覚が一般のドイツ人的な反応だと思いますよ。

多くの経営者がこの方の元を訪れ、意気揚揚に取り入れよう!と帰っていくそうですがほぼ実現出来ていないそうです。著者が言うには、トップが徹底的にやっていないことと自分でも10年はかかった工程をいきなり数年(あるいは数カ月)で出来ないとおっしゃっています。

どんなことでも信念を貫くこと(頑固とは違いますが・・・)が真のプロフェッショナルですよね。

No title

今、読み終わりました。
組織の理想が軍隊であるという部分以外は、ほぼ全面的に納得できます。
仕事は人生そのものではなく、人生の一部であるという理念を持たなければ、ここまで割り切った改革は出来ないと感じました。
この本にもまずスピードということを書いてありましたから、デッドラインを徹底しようと思います(デッドラインに似たことは、やっていましたので、さらにブラッシュアップします)。

西森憲司さんへ

もう読まれたんですね。

感想書き込みありがとうございます!

まさに、おっしゃる通りだと思います。私もここまで極端に言ってしまって良いのかな?
などと思いながら手にした本ですが、内容には満足でした。

デッドライン徹底でブラッシュアップ応援します!
Twitter on FC2
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
このブログはリンクフリーです。 リンクいただいた方は、お知らせいただけるとさらに嬉しいです。

中野智志

Author:中野智志
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
amazonおすすめ商品
FC2カウンター
FC2カウンター(オンラインカウンター)
現在の閲覧者数:
blogram~ブログ成分分析
blogram投票ボタン おきてがみ
ブログ村・人気BLOGランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>>>>>>>>>
ZorgDoor
過去に紹介した本
Blog内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
アクセス分布地図

ジオターゲティング
Pitta!(広告)
リンク
人気BLOGランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Pingoo!ブログ生中継
infoQ
新規モニター登録